2023年もお世話になりました

早いもので本日2023年12月28日。起業して約7ヶ月が光の速さで過ぎ去っていきました。代表の私、金谷武明の今年のハイライトを簡単にまとめてありますので良かったら御覧ください。

———-

2023年もいよいよ仕事納め、ということで、全然仕事は納まらないのですが、軽く1年を振り返ってみたいと思います。

独立してからの話にしようかな、と思ったのですが、せっかくなのでその少し前から。意外と長い項目もあるので飛ばしてお読みください。基本的に自分へのまとめです。

2023年のハイライト

Googleを退職しました

Xで、グローバルでのレイオフ的なものの発表から実際に苦楽を共にした海外の仲間たちが次々に対象となり、自分の運命を理解し受け入れ、そして発表があり退職するあたりの流れを振り返ると今でも生々しい気持ちが蘇ってきますね。

地味だけど、こういう投稿とか。南半球にいる数少ない友人が、出張中に対象となり、なった瞬間に何の連絡もなくすべてのアクセスが遮断され、そのあとどう帰国していいか分からなくて途方に暮れている姿を見て、の投稿。もう少しやり方ってあるよね、とは思いましたね。

もう自分が対象になるのがわかっていたから狂ったように友達を招待してる様子も見て取れます。ほとんどが写真関係の方ですね。僕のチームはほとんどいなくなってしまったので予期できたわけです。

そして運命の日。

この投稿に寄せられた様々な温かいコメントは本当に励みになりましたね。

そういえば、社内で最終講義をしませんか?という話があって、実施したんですよね。凄く沢山の方が聞きに来てくれて。笑いに溢れたトークで最後少しほろっとさせる、という作戦だったんですが割とうまく行ったような気がしてます。Googleに16年いましたが最終講義のようなことをした方はそんなには知らないので凄く光栄でした。声かけてくれたAさんPさん、ありがとうございました!

ちょっと触れるつもりが長くなってしまいましたが、そして旅立ちました。

3/15は最終出社日で5/31は最終在籍日。この最終在籍日の投稿とか33万回も表示されたんですねえ。東京ドーム6個分、とか考えるとすごいですね。

退職ブログですが、この時は生々しすぎて何をしてたのかとか書く気持ちにもなれず、かつ、仕事内容的にも書けないことも多かったのであえて仕事内容は全く触れなかったんですよね。その代わりにどんな気持ちで入りたかったのかに焦点を合わせ、そこから今どんな気持ちで辞めていくのかを想像してもらうような文章にしたのですが、そのお作法的な所に賛否あって正直ちょっと驚きましたね。

株式会社Digital Evangelist創業

Googleを退職した翌日、自分の会社、株式会社Digital Evangelistの創業をアナウンスしました。独立する気なんてなかったので起業とは、みたいな段階から実際に起業するまで3ヶ月で行うのはなかなか大変でした。色々アドバイス頂きました皆様、ありがとうございました!

この投稿とか振り返ると8万回も表示されたんだなぁ。ありがたい。

でもこうして独立をアナウンスした日に仕事がすでにあるのはとても心強かったです。契約には至らなかった会社も含めてお声がけ頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ちなみに会社名の由来はこちらに、ロゴの秘密はこちらにまとめてあります。

Googleを退職して、最初のお仕事はGoogleからの仕事でした

退職して、それでもこうしてイベントに司会者として呼んでいただけたのは嬉しかったですね。最後にSEOや検索関係者の皆さんとお別れや感謝を伝えることも出来なかったので。こういう場に声をかけていただけたのは本当に感謝します。また、司会に徹することで新しい立場をはっきりさせることも出来たのではないかと思います。

顧問業について

株式会社Digital Evangelistでは主に顧問業をやっているのですが、具体的に何をしているの?と聞かれると、1社1社全然違うので説明が難しいのです。簡単にまとめておきます。以下、クライアント関係のリンクはnofollowをつけてあります。

一般社団法人ウェブ解析士協会では、主にFlashセミナーPLUSとDiscoverabilityオフィスアワーという2つのオンラインイベントを開催しています。ちょうど2つとも告知しています。

ウェブ解析士協会の会員向け企画ですがFlashセミナーPLUSは会員ではない方も参加できることがありますのでぜひご参加いただければと思います。でも、何かの資格を取れば毎月2回無料で参加できるので良かったら資格を取っていただけると嬉しいですね。

株式会社パパゲーノはボランティア的にサポートしています。定期的には何もしていないのですが会社のサイトを作ってもらったり、ロゴを作ってもらったりお互いにGive&Giveの関係です。新しいテクノロジーを取り入れながらメンタルヘルスの問題に取り組む彼らを引き続き全力で支援していきたいと思います。

アユダンテ株式会社では何をしているかは書いて良いのかどうかわからないのでとりあえず書きませんが、個人的にはとても相性の良さのようなものを感じています。

プライム・ストラテジー株式会社でもやっていることは話しにくいので書きませんが、このブログも自腹でプライム・ストラテジーのテクノロジーを使ったConoHaに乗り換えてその表示速度の速さは体感しています。ほとんど何もしなくても高速というのは便利でいいですよね。

他にも名前を出せないところもあるのですが、サイト担当者の教育のようなことをしていたりします。技術やオペレーションというよりは、もっと基本的なマインド的なところですかね。ウェブでビジネスをやる意味、みたいな。そういう所に価値を感じてくれる方々がいて嬉しいですね。

という感じでなんとかやっております。

ワーク・ライフ・バランスの必要性に直面しました

独立して1ヶ月もすると自分で色々動かないと日々が単調に終わっていくことに気づきました。そこで7月からは毎月1日平日にお休みを取り風景写真を撮影しに行くMonthly Photo Challengeという企画をスタートさせました。

12月は年内に公開します!

こうして並べてみてみるとこの企画始めてみて良かったなあと実感しますね。企画していなかったら多分どこにも行ってないので。基本的に深夜出発するので夜中の高速をひとり2時間、3時間黙々と走るってなかなかの孤独なんですが、好きですw結構自分と向き合う貴重な時間となっています。

ただ、この次の項目で紹介しますが、大学でのフルタイムの仕事を始めたことで、そもそもの前提が変わってしまいました。今後についてはチャレンジできない月もあるかもしれないですが、可能な限り続けていきたいと思います。

大学の教員になりました

2023年最大のインパクトはやっぱりこれですかね。辞めたことより始めたこと。10月より、日本経済大学に2024年4月に新しく開設されるデジタルビジネス・マネジメント学科の教授に、学科長として着任しました。これまでの仕事はどうなったの?と思う方もいらっしゃると思いますが、ケイゾクです。ですので、自分の会社の仕事にプラスしてフルタイムの教員の仕事となりました。

こちらのブログにも書きましたが、大学の教員というのはいつかやりたいと思っていたことではありますので、とても嬉しかったですね。実際始めてみるとその大変さも感じてはいるのですが、次の世代を育てる、というのはとてもやりがいのあることですのでとても楽しいです。

関係者の皆様、来年も引き続きよろしくお願いします。
4月から僕の学科の生徒になるみなさん!お会いできるのを楽しみにしています。

個人活動

独立して初めて海外カンファレンスに登壇

Googleを退職したとき、ほんの一瞬「英語の勉強から逃れられる」と思ったのは事実なんですが、とても甘かったな、と思います。英語がもっと出来たらとても世界が広がり、やってみたいな、とか、面白そうだな、と思う仕事に繋がりそうな話が沢山来たんですよね。楽しい仕事したいなら、やっぱり英語勉強しないとね、と思う今日このごろです。

余談ですが、僕がシンガポールに行くと伝えたらグーグル時代の仲間たちが集まってくれたのも嬉しかったですね。ゲイリーとかわざわざスイスから来てくれたし。

Sustainable Internet Ecosystem Initiative Japan(SIIJ)を立ち上げました

インターネットをクリーンで自由度の高い空間として保ち、次世代に引き継いでいくことを目的とした団体、Sustainable Internet Ecosystem Initiative Japan(SIIJ)を立ち上げ、イベントを開催しました。

イベントはとても実り多いものとなりましたので、次のステップを楽しみにしていてください!

イベントカメラマンのお仕事も頂きました

友人からの依頼ではありますが、One Young Worldという団体の「Belfast Summit Debriefing Session」というイベントにてイベントカメラマンのお仕事もしました。今回はα7IVとLeica Q3という布陣で臨んだのですが気に入っていただけたようで良かったです。また来年もご依頼お待ちしています!

2023年まとめ

以上となります。2023年は16年勤めた会社を退職したり、自分の会社を作ったり、大学の教員になったり、個人でも色々チャレンジしたりと新しいことばかりでした。2024年はそれぞれの種をうまく育てていきたいと思います。

というわけで、2023年、色々お世話になりました。2024年もどうぞよろしくお願いします。
それではみなさん、良いお年を!

金谷武明